Excelのリボン(メニュー)の表示/非表示を切り替える方法はタブをダブルクリックするだけです

2 0 0

Excel

excel エクセル

タイトルで言いたいことは終わってしまっているのですが(笑)。

Excel操作をしているときに、少しでも多くのセルを表示させたいときってありませんか?

画面の小さいノートパソコンなんかで作業をしてると、見えてるセルの範囲が少なくてイライラするんですよね。

表示倍率を下げると多くのセルが見えるようになりますが、今度は文字が小さすぎて見えなくなり、本末転倒。

そこで活躍するのがリボンの表示/非表示切り替えです。

実はタブをダブルクリックするだけで切り替えられたのです。知ってました?

SPONSORED LINK

Excelのリボンのタブとは

なんのことを言っているのかわからない人のために、そもそもリボンって何かを説明しておきましょう。

▼リボンというのはこの部分のことです。メニューの部分ですね。例はExcel2010ですが、Excel2016でも大体同じような表示です。

Excel リボン

リボンの最上部がタブです。

昔のExcelに比べてグラフィカルで見やすくなった反面、アイコンなどが大きくなり、画面に占める割合が相対的に大きくなっています。

Excelのリボンを非表示(最小化)にする方法

このリボンを非表示にする方法は簡単です。タブをダブルクリックするだけです。

Excel2010を例にやってみましょう。

▼リボンのタブの1つである「ホーム」をダブルクリックすると…

Excel リボン タブ

▼ほら、リボンが最小化されて、タブだけの表示になりました。

Excel リボン タブ 最小化

もう一度タブ部分をダブルクリックすれば元の表示に戻ります。

ショートカットキーは「Ctrl」+「F1」

ちなみにショートカットキーも用意されており、「Ctrl」+「F1」でリボンの表示/非表示が切り替えられます。

まとめ

右上の×ボタン付近のメニューから切り替えることもできるのですが、マウスカーソルの移動量が多くて地味に面倒だったり、手数が多かったりするので、今回ご紹介した方法を知っておくと手っ取り早くリボンの表示/非表示が切り替えられますね。

画面が小さくて少しでもセルの表示領域を増やしたい…というときに使ってみてください。

<関連記事>

Excel(エクセル)で文字列と数値を変換する方法。知っとくと地味に便利ですよ!

Excel(エクセル)の列がアルファベットではなく数字で表示されている場合の対処方法

Excel(エクセル)でセルの枠線に合わせて図形を配置したりサイズ変更する方法

SPONSORED LINK

: 2019/02/11: Excel

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、42 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2017年3月時点で月間38万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!