Excel(エクセル)で棒グラフと折れ線グラフを表示する「複合グラフ」の作成方法

13 3 1

Excel

201405_0380

表計算アプリケーションであるExcel(エクセル)は、非常に簡単にグラフを作成することができます。

数値の羅列だけではどうしてもわかりにくくなりがちなので、グラフ化して直感的にわかりやすくすることは大事だと思います。

ただ、単純な棒グラフ、折れ線グラフならすぐに作成できるのですが、それらを組み合わせて1つのグラフにする「複合グラフ」は作り方がわからず、調べないと私には作れませんでした。

なので、備忘録がてら記事にしておきたいと思います。

SPONSORED LINK

折れ線グラフと棒グラフを組み合わせた複合グラフの作り方

データを準備する

事前準備として、グラフ化したいデータを準備します。

▼今回はサンプルとしてこのようなデータを使います。

201405_0381

※先日の「Feedly(RSS)の購読者数はブログ記事のバズり具合に比例して増えるのか?調べてみた | love guava!」で使ったデータです。

折れ線グラフを作る

まず折れ線グラフを作成しましょう。

▼データ全体を選択→「挿入」タブ→「折れ線」→任意の折れ線グラフを選択。

201405_0382

▼折れ線だけのグラフが出来上がりました。

201405_0388

棒グラフを追加する

次に棒グラフを作成します。2つの項目(購読者数、増減)のうち、「増減」の項目を棒グラフにしてみようと思います。

▼「増減」のグラフ(図の赤い折れ線グラフ)を右クリック→「系列グラフの種類の変更」をクリック。

201405_0387

▼「縦棒」→任意の縦棒グラフを選択します。

201405_0386

▼「増減」の項目が棒グラフになりました。

201405_0385

一応、「折れ線グラフ」と「棒グラフ」の複合グラフは作成できました。

が、見ての通り、増減の値が小さすぎて非常に見づらくなっています。これを改善するために「増減」の棒グラフ用の目盛りを設定します。

▼「増減」の棒グラフを右クリック→「データ系列の書式設定」をクリック。

201405_0384

▼「系列のオプション」→使用する軸を「第2軸(上/右側)」にします。

201405_0383

▼すると右側に「増減」用の目盛りが表示され、かなり見やすくなりました。

201405_0389

目盛りの間隔や最大値・最小値は設定で変更できるので、お好みの値に変更してください。

まとめ

今回はExcel2010で試していますが、Excel2007でも同様な手順でできると思います。

グラフ種類についても折れ線グラフと棒グラフでやりましたが、他のグラフにすることももちろん可能です。

Excelで少しだけ工夫して見やすいグラフを作ってみましょう!

<関連記事>

Excel(エクセル)で文字列と数値を変換する方法。知っとくと地味に便利ですよ!

Excelが超便利になる「RelaxTools Addin」で作業が捗り過ぎる!役立つ機能を紹介します

Excel(エクセル)で数式を使った条件付き書式を設定する方法

SPONSORED LINK

: 2014/05/07: Excel

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2016年7月時点で月間36万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!