Excel(エクセル)数式の絶対参照/相対参照の切り替えはF4キーを使え!便利です

2 0 0

Excel

excel エクセル

Excel(エクセル)の数式を使うなら覚えておきたいのが「絶対参照」と「相対参照」です。

ざっくり言うと「数式をコピーしても参照先が変わらないのが絶対参照、コピー先に合わせて参照先がずれるのが相対参照」になります。

意味不明な人はぜひググって理解してください。

今回は、その絶対参照と相対参照を切り替えるショートカットキーについてご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

数式を編集中にF4キーを押すことで絶対参照/相対参照を切り替えられる

数式の絶対参照と相対参照を切り替えるショートカットキーは「F4」キーです。

実際にやってみましょう。

▼こんな数式があるとします。

excel エクセル 数式

C2セルとC3セルを足すだけの簡単な数式です。

今は相対参照になっていますね。($がついていない)

▼F2を押すかセルをダブルクリックして数式を編集状態にします。そして絶対参照にしたいセル(ここではC2)にカーソルを移動します。

excel エクセル 数式

▼F4キーを押下すると、「C2」だったのが「$C$2」になりました。これが絶対参照ですね。

excel エクセル 絶対参照

▼さらにF4を押すと「C$2」になります。列は相対参照、行は絶対参照という状態。いわゆる「複合参照」になりました。

excel エクセル 絶対参照

▼さらにF4押下。「$C2」になりました。今後は列が絶対参照、行は相対参照という状態です。

excel エクセル 絶対参照

もう一度F4押下すると、最初の「C2」という相対参照に戻ります。

こんな感じで、F4を押下する度に絶対参照/相対参照を切り替えられます。

まとめ

というわけで、Excel数式の絶対参照と相対参照を切り替えるのはF4キーが便利だよ!というお話でした。

一つ一つ「$」をつけたり消したりするのは面倒なので、ぜひこのショートカットキーを使ってスマートに数式を使いこなしてください。

<関連記事>

Excel(エクセル)で文字列と数値を変換する方法。知っとくと地味に便利ですよ!

Excel(エクセル)の列がアルファベットではなく数字で表示されている場合の対処方法

Excel(エクセル)で数式を使った条件付き書式を設定する方法

SPONSORED LINK

: 2019/06/23: Excel

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、41 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2017年3月時点で月間38万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!