Excel(エクセル)でプルダウンリストを作成する方法

9 0 9

Excel

Excelを入力シートとして利用することは結構あると思います。

複数の選択肢から1つだけ選ばせたい場合、プルダウンリスト(ドロップダウンリストとも言います)を使うと便利です。なぜかというと、表現の揺れ・ブレがなくせるからです。

例えば、性別を入力してほしい場合に、もし自由入力にするとどうなると思いますか?「男」「女性」「male」「不明」…などなど、ちょっと思いつくだけでもすごーくバラけることが予想されますよね。

こういう事態を防ぐのにプルダウンリストは有効です。

今回はExcelでプルダウンリストを作成する方法をご紹介します。

SPONSORED LINK

Excelでプルダウンリストを作成する方法

それではExcelでプルダウンリストを作成する方法を説明します。

▼こんな入力欄があるとします。

Excel プルダウンリスト

性別のところは「男・女・不明」の3つの選択肢から選ばせるようにしたいとしましょう。

▼まずはプルダウンリストを設定したいセルをドラッグ→「データ」タブ→「データの入力規則」をクリック。

Excel プルダウンリスト

▼データの入力規則のダイアログが表示されます。

Excel データの入力規則

「入力値の種類」は「リスト」を選択します。

「ドロップダウンリストから選択する」にチェックを入れます。

「元の値」に、選択肢を半角カンマ区切りで入力します。今回の場合なら、「男,女,不明」と入力します。

これでOKを押せば設定完了です。

▼この通り、性別がプルダウンリストで選択できるようになりました。

Excel プルダウンリスト

セルのデータをプルダウンリストの選択肢として使用する

上記の説明では選択肢を入力して使用しましたが、あらかじめセルに準備されたデータを使いたい場合もあるかと思います。

ここからはそんな場合の設定方法です。

▼選択肢をF2~F4セルにあらかじめ準備しておきます。今回は同じシートに書きましたが、別シートでも構いません。

Excel プルダウンリスト

▼先ほどと同じように、プルダウンリストを設定したいセルをドラッグ→「データ」タブ→「データの入力規則」をクリック。

Excel プルダウンリスト

▼データの入力規則のダイアログが表示されます。

Excel プルダウンリスト

「入力値の種類」は「リスト」を選択します。

「ドロップダウンリストから選択する」にチェックを入れます。

ここまでは同じですが、「元の値」が異なります。右側のセル選択?のアイコンをクリックします。

▼セルの範囲指定ができるので、先ほど準備した選択肢のF2~F4セルをドラッグし、再び右側のアイコンをクリック。

Excel データの入力規則

▼「元の値」に先ほど選択したセル位置が指定されていることを確認し、「OK」をクリック。

Excel データの入力規則

▼これでも同様にプルダウンリストが設定できます。

Excel プルダウンリスト

まとめ

というわけで、Excelでプルダウンリストを作成する方法をご紹介しました。

少しでも入力ミスを防ぎたいときに有効な方法なので、ぜひ活用してみてください。

<関連記事>

Excelが超便利になる「RelaxTools Addin」で作業が捗り過ぎる!役立つ機能を紹介します

Excel(エクセル)でセルを結合せずに複数セルの中央に文字を配置する方法。これでコピペで苦しまない!

Excel(エクセル)で文字列と数値を変換する方法。知っとくと地味に便利ですよ!

SPONSORED LINK

: 2017/04/26: Excel

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、35 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2017年3月時点で月間38万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!