WordPressで特定の記事またはカテゴリーのみアドセンスを非表示にする方法

22 5 8

WordPress

wordpress ワードプレス

先日、Googleアドセンスの広告配信が停止しました。

アドセンス広告配信停止の原因と再開させる方法。あなたのブログもいつ止まるかわかりませんよ

アドセンス停止は非常に痛いので、再開させるべく対策しました。対策というのは、記事ごと、またはカテゴリーごとにアドセンスを非表示にするというものです。

本ブログはWordPressで運用しているため、特定の記事だけ広告非表示というカスタマイズももちろんできちゃいます。このへんはWordPressの自由度の高さがなせるワザですよね。

というわけで、今回は特定の記事・カテゴリーのみアドセンス広告を非表示にする方法をご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

WordPress(ワードプレス)で特定の記事またはカテゴリーでアドセンス広告を非表示にする方法

さっそくやり方を説明していきたいと思います。ちなみにプラグインは使いません。

functions.phpの編集

まず、functions.phpに以下のような記述を加えます。作業する前に必ず「functions.php」ファイルのバックアップを取っておいてください。少しでも記述に誤りがあるとブログが真っ白になってしまいますので。

<?php
(省略)
// アドセンスを非表示にする記事かどうかを判定する
function is_NoAdsense(){
  // 記事ごと
  if (is_single(array(1111,2222,3333))) {
    return true;
  }
  // カテゴリごと
  $category = get_the_category();
  $cat_id = $category[0]->cat_ID;
  if ($cat_id == 99) {
    return true;
  }
  return false;
}
(省略)
?>

アドセンスを非表示にする記事かどうかを判定する関数を定義します。非表示対象ならtrue、そうでなければfalseを返却します。

特定の記事を非表示にするための記述

5行目のis_singleの引数にarray(1111,2222,3333)という記述がありますが、これは非表示にしたい記事のID(投稿ID)を指定します。複数記事を指定したい場合はカンマ(,)で区切ります。

投稿IDは以下の手順で確認します。

▼WordPressの管理画面から「投稿」→「投稿一覧」を表示し、対象の記事にカーソルを当てたときに表示されるURLのうち、「post=8599」の数字の部分です。

201508_0049

この例でいうと「8599」が投稿IDです。

特定のカテゴリーを非表示にするための記述

9行目からがカテゴリーごと非表示にする記述になります。

12行目に($cat_id == 99)という記述がありますが、99の部分に非表示にしたいカテゴリーのカテゴリーIDを指定します。

ちなみに、私は1記事に1カテゴリーのみ指定しています。そのため、1複数カテゴリーを指定している場合の挙動は未確認です。

カテゴリーIDは以下の手順で確認します。

▼WordPressの管理画面から「投稿」→「カテゴリー」を表示し、対象のカテゴリーにカーソルを当てたときに表示されるURLのうち、「tag_ID=32」の数字の部分です。

201508_0051

この例でいうと「32」がカテゴリーIDです。

これでfunctions.phpの編集は終了です。

アドセンス広告表示部分の編集

ここからは使っているWordPressテーマによって大きく変わってきます。

私の場合はSTINGER3をベースにしたオリジナルテーマのため、あくまで参考情報として見てください。ただ、考え方としては広告を表示している箇所に、先ほど定義した関数による条件分岐を入れるだけなのでそれほど難しくはないかと思います。

私はsingle.phpに以下のような処理を記述しています。

<?php if(!is_NoAdsense()) { ?>
  (アドセンス広告用コードを指定)
<?php } ?>

ちとif文の中身が紛らわしいのですが、「アドセンス非表示対象ではない記事に広告を表示する」という処理になっています。

アドセンス広告については、PCとスマホで表示する広告を切り替えているという人も多いと思います。その場合、「PCかスマホか?」という条件分岐も記述されていると思うので、そこと競合しないようにうまく記述してやってください。

それにしても、カテゴリーごとアドセンス非表示にするにあたり、きちんとカテゴリー分けしておいてよかったなーと心の底から思いました。

カテゴリー分けについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

ブログ記事のカテゴリー整理は絶対にやるべし!それだけでアクセスアップに繋がるよ!

まとめ

Googleアドセンスポリシーに違反するような記事の場合、最低限アドセンス広告を非表示にしないと危険です。

本当はそういった内容の記事は書かないに越したことはないのですが、どうしても書きたいこともあるでしょう。

そんなときに今回のやり方が参考になれば幸いです。

<関連記事>

アドセンス広告配信停止の原因と再開させる方法。あなたのブログもいつ止まるかわかりませんよ

ブログ記事のカテゴリー整理は絶対にやるべし!それだけでアクセスアップに繋がるよ!

今のブログと全然異なるジャンルは別ブログに分けたほうがいいのか?私の結論は…

SPONSORED LINK

WordPress

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • まだデータがありません。

まだデータがありません。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2017年3月時点で月間38万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!