【WordPress】エントリー盗用対策に「RSS Footer」を導入してみた

6 0 4

WordPress

201306_0002[1]

盗用・転載されるほど人気のあるエントリーがあるわけではありませんが、それでもやはり自分で書いた内容が他の人のもののように書かれると悲しいもの。サーチエンジンの検索結果でも、オリジナルの記事より盗用・転載記事のほうが上だったりすることもあるようです。それはあんまりですよね。

自分の記事だと主張できるよう、プラグインを導入してみたのでご紹介します。

SPONSORED LINK

「RSS Footer」プラグインで、RSSに著者情報を入れる

今回は「RSS Footer」というプラグインを使用します。

▼参考にしたのはこの記事です。
[browser-shot width=”200″ url=”http://plus1world.com/wordpress-plagiarism-prevention”]ブログ記事盗用対策に私が使っているWordPressプラグイン | +PlusOneWorld

導入結果

導入後、RSSを確認してみました。

▼確かに、著者情報が埋め込まれていますね!ついでに関連記事も表示させています。
201306_0001[1]

まとめ

どんなブログであっても、書いた本人にとっては大切な「著作物」です。権利を侵害されないよう、やっておいて損はないと思います。

SPONSORED LINK

WordPress

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2016年7月時点で月間36万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!