【WordPress】ブログ歴半年の私が使い続けている41のプラグインを全て紹介します!(2013年8月)

10 0 7

WordPress

wordpress

本ブログをWordPressで始めてから約半年。まだまだアクセス数も微々たるものですが、何も知らない状態からここまでよく続けられたなーと少しだけ感慨に浸ってみたり。

約半年という区切りが来たので、ここらで今まで私が使用しているWordPressのプラグインを公開してみようかと思います。

定番のものも多数あろうかと思いますが、それはそれだけそのプラグインが優れてるってことで。

ではいきます!

SPONSORED LINK

私の使用しているプラグイン41個

1.001 Prime Strategy Translate Accelerator

翻訳ファイルの読み込みをキャッシュ化し、表示までにかかる実行時間を短縮します。

2.AddQuicktag

HTMLエディターやビジュアルリッチエディターで定型入力に使用できるクイックタグを簡単に追加・管理できます。私はよくショートコードを登録しています。

3.Akismet

WordPressで作成したブログにコメント欄を設置すると、それはもう大量のスパム投稿がやってきます。私はそれが嫌で当初コメント欄を設置していなかったのですが、このプラグインがスパム投稿をかなりの確率で除去してくれるので、コメント欄を設置することにしました。

4.All In One SEO Pack

定番ですね。SEO効果を高めるプラグインです。

5.BackWPup

WordPressを構成するDBやファイルをバックアップしてくれるプラグインです。

本ブログでも触れているので、以下を参考にしてください。

[catlist search=”BackWPup” numberposts=5 id=-210]

6.Broken Link Checker

リンクエラーやリンクエラーの画像がないかブログをチェックし、見つかった場合は、ダッシュボード等で通知します。

7.Browser Shots

Webサイトのスクリーンショットを生成してくれます。本ブログの他Webページ紹介も大抵これを使っています。

8.Categories to Tags Converter Importer

カテゴリをタグに変換します。

9.Check Copy Contents(CCC)

誰かが、あなたのブログの文章をコピーしたら、そのコピーされた箇所とページのURLを、こっそりとあなたにメールで通知します。

以下の記事も参考に。

[catlist search=”Check Copy Contents” numberposts=5 id=-210]

10.Contact Form 7

お問い合わせフォームプラグイン。

11.Count Per Day

ダッシュボードに、リアルタイムのアクセス状況やリファラー情報、人気記事などを表示してくれます。Googleアナリティクスに似ています。

12.Crazy Bone (狂骨)

ログイン・ログアウト時のユーザー名、日時、IPアドレス、ユーザーエージェントを記録します。

以下記事も参考に。

[catlist search=”Crazy Bone” numberposts=5]

13.Dynamic To Top

本ブログの右下に出てる黒丸のボタンです。画面上部に戻るやつ。

14.Google Analyticator

うーん、なぜ導入したのか忘れました。。。

15.Google XML Sitemaps

これも定番ですね。サーチロボットが理解できるサイトマップを生成してくれます。

16.Lazy Load

Webページ初期表示時に全ての画像を読み込むと時間がかかるので、画面スクロールして表示するときに画像を読み込むようにするプラグインです。

17.List category posts

カテゴリ内の記事を一覧化します。といっても私はそういう使い方をしておらず、関連記事リスト的な使い方をしています。

18.MO Cache

よくわかりませんが、MOファイル?をキャッシュして高速化してくれます。

19.Newpost Catch

ウィジェット部分にサムネイル付きの新着記事を表示できます。

20.One-Click Child Theme

子テーマを作れるプラグイン・・・なのですが、私はほとんど使っていません。サイトリニューアルのときがおそろしい。。。

21.Open Graph Pro

ブログ記事をFacebookなどに投稿した際、サムネイルや概要を表示させることができます。

22.P3 (Plugin Performance Profiler)

WordPressの負荷になっているプラグインを調べられるプラグインです。

23.Really Simple CAPTCHA

スパム対策のキャプチャ画像を設置できます。私はContact Form 7と併用しています。

24.Revision Control

WordPressは記事を書いている最中に自動バックアップが取られ、それがリビジョンという形で残っていきます。ですが、そのバックアップファイルの容量がかさみがちなため、リビジョンの世代を変更したり、なくしたりできるプラグインです。

25.RSS Footer

RSSのフッターに著作者情報を埋め込むことができるプラグインです。

26.Search Regex

WordPress内の文字列を一括置換するプラグインです。本当に全て置換されるので、間違えて使うと大変なことになります。

27.SEO Friendly Images

記事内に表示する画像の説明文を自動で補完してくれます。

28.Thumbnail For Excerpts

サムネイルを設定していない記事も、記事内の最初の画像を自動的にサムネイルに設定してくれるプラグイン・・・だったと思います。

29.Tribe Object Cache

よくわかりませんが、キャッシュして高速化してくれます。

30.Tweet old post

過去記事を定期的にTwitterに流してくれるプラグインです。

31.Ultimate TinyMCE

ビジュアルリッチエディタをカスタマイズできます。

32.W3 Total Cache

よくわかりませんが、キャッシュして高速化してくれます。

33.WordPress Editorial Calendar

どの記事がいつ投稿されたかをカレンダー形式で確認できます。予約投稿する人は必須!

34.Wordpress Popular Posts

人気記事をウィジェットに表示できます。定番だと思います。

35.WordPress SEO

よくわかりませんが、SEO効果があると思っていれてます。

36.WP-PageNavi

記事数が増えてきたときの1~3ページ目などのページリンクを生成してくれるプラグインです。

37.WP External Links

外部リンクについて、新しいタブで開く設定や、アイコンを付与することができます。

38.WP Multibyte Patch

日本語ブログには必須だと思います。確か最初から入っていたような。

39.WP Social Bookmarking Light

FacebookやTwitter、はてなブックマークなどのソーシャルメディアへのシェアボタンを設置できるプラグインです。

40.WP SyntaxHighlighter

記事内でソースコードを紹介したいときに使うと、非常に見やすい形で表示させることができます。

41.Yet Another Related Posts Plugin

定番ですね。関連記事を表示させるプラグインです。

こちらの記事も参考に。

[catlist search=”Yet Another Related Posts Plugin” numberposts=5 id=-210]

まとめ

いかがだったでしょうか。皆さんが使っているプラグインと比べて、目新しいものなどあったでしょうか。

こんなプラグインもあるよ!こっちのほうがいいよ!という情報もあればぜひ教えていただきたいです。

しかし、この記事を作るのは疲れた。。。

SPONSORED LINK

WordPress

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2016年7月時点で月間36万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!