職場で感じた「女性がチームメンバーになること」のリスク。女性を避けるのは「悪」なのか

9 0 1

ビジネス・仕事

男 女

最近、職場で結婚や出産が理由で退職したり長期休暇を取る女性社員が多く発生しています。

それ自体は当然の権利なので私がどうこう言うつもりはないのですが、問題なのは残されたチームメンバーの人達です。

今まで男性社員と同様に仕事をやってきた女性社員がいなくなるわけですからね。

「そういう事態に備えておくのが組織や会社の責務である」というのは簡単ですが、実際問題、なかなか厳しいものがあります。

今回はそんなお話です。

SPONSORED LINK

結婚や出産でいなくなる女性社員

結婚、出産は人生において重大なイベントの一つです。その後の人生を左右するイベントと言っても過言ではないでしょう。

そして、そのイベントを機に退職・休職する人もかなり多いですよね。女性社員ならかなりの確率でしょう。

出産・育児に関しては男性でも休暇を取ることはできますが、自分が出産するわけではないので、期間的には女性社員より短期間になることがほとんどです。

出生率の低下によって将来的に大幅な人口減を迎える問題を考えると、結婚・出産自体は決して悪いことではなく、むしろ歓迎すべきことでもあります。

いなくなった社員の穴埋めで疲弊する残された社員

ただ、そうやって抜けていった社員の穴埋めをするメンバーの気持ちはどうでしょうか。

全員が全員、「これはしょうがないこと。自分達でフォローし、乗り越えていこう!」というポジティブな感情を持つわけではないと思います。

むしろ、大半の人は「うわ。。。このしわ寄せ、絶対自分たちに来るじゃん。。。ただでさえいっぱいいっぱいなのに、全くもう。。。」といった、負の感情のほうが大きいのではないでしょうか。

私のチームはなぜか女性が多いチームだったのですが、チームメンバーになった女性がことごとくいなくなってしまうのです。

理由は様々ではありますが、割合として多いのはやはり「結婚」「出産」でした。

そんな状態なので、せっかくそれなりの期間とコストを費やして業務知識やスキルを身につけても、それが業務に十分に活かされることなく終わってしまうのです。

そして残された人が残業して抜けた穴をカバーし、また新しく入ってきた人を教育し直し…というサイクルの繰り返し。これじゃあ残された社員のモチベーションは上がるわけがありません。

いなくなるリスクを考えると、男性社員のほうが良い

あまりにこういうことが続いたので、うちのチームのリーダーがつぶやきました。

「次にうちのチームに入ってくる人は、男性の人を希望するよ。女性はすぐにいなくなる可能性が高くて困る」と。

私もこれは同意せざるを得ませんでした。

単純に仕事ができる・できないで言うと、女性社員のほうがかなりできる、というケースは多く見てきました。それなりの期間、社会人を経験してきた私も、この女の子、すごいな!と心底感心したことは一度や二度ではありません。

ですが、そういった優秀な女性社員だからこそ、結婚や出産でいなくなってしまうと困るのです。小さな企業や組織ならなおさらです。

管理者からすると、「多少スキルは劣っていても、退職や長期休暇のリスクが少ない男性社員のほうが良い」という判断をする場合もあるのではないでしょうか。

今は採用条件に性別を指定すると問題があるようなので、露骨にそんなことをするところはないでしょうけどね。

男女均等な採用選考ルール – 厚生労働省

女性が働かなくても普通に暮らせるだけの収入が得られれば良いのでは

以前このブログにも書きましたが、私は男女平等というのは最初から無理だと思っています。

男女平等なんて無理でしょ。だって男と女は確実に違うんだから

今回の例で言うと、じゃあどうすれば良いの?って話になりますが、女性が働かなくても暮らせるだけの収入を男性が得られれば良いのではなかと思いました。それなら女性が働く必要はなくなりますしね。

働きたい女性はどうするの?と言えば、働けばいいんじゃないでしょうか。その代わり、女性だからって特別な優遇や配慮は一切なしにしてみてはどうでしょう。

例えば、生理休暇とか出産休暇はなし。だって男性はそんなのありませんからね。じゃないと平等じゃないでしょう?(いや、法律で決まっているので無理なのは分かってるんですけどね)

そんなの嫌だ?じゃあ仕事しなければいいじゃないですか。男性の収入で生きていけるんですから。

独身女性はどうするの?仕事しないと生きていけないのに。それなら働きましょう。でも出産はあきらめましょう。

そんなのおかしい!差別だ!と思いますか。だから私は最初から男女平等にするのは無理だと言ってるんですよー。

まとめ

というわけで、身近なところで働く女性問題が出てきたので、少し自分の意見を書いてみました。

自分が男で産まれるか、女で産まれるのかなんて選べないのに、それを差別的に扱うのはおかしい(私は差別だとは思っていませんが)という意見が出てくるでしょう。

でもそれを言い出したらもう何もかも無理じゃないですか?アメリカ人になりたかったのに日本人で生まれてしまった。日本ではなくアメリカの社会保障を受けさせろ!なんて理屈、通りませんよね。

どうしようもないところははどうしようもないところとして受け止めましょう。何もかも平等なんて無理ですよ。

<関連記事>

男女平等なんて無理でしょ。だって男と女は確実に違うんだから

採用試験における学歴フィルターは有効だと思う件。東大卒と高卒は対等じゃないでしょう

ことさらに家事・育児大変アピールしてくる専業主婦は苦手。どう考えても仕事のほうが大変でしょ

SPONSORED LINK

: 2017/09/04: ビジネス・仕事

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • まだデータがありません。

まだデータがありません。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2017年3月時点で月間38万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!