ことさらに家事・育児大変アピールしてくる専業主婦は苦手。どう考えても仕事のほうが大変でしょ

27 0 3

生活

家事 アイロン

専業主婦の方はもしかしたら気を悪くするかもしれないので、タイトルで嫌気がさしたら読まないでください。

最近ちょっと思うことを書きたいと思います。

私もいい年なので、周りは子供持ちな人が多いわけです。

で、子供持ちの専業主婦から「育児とか家事とか超大変なのよー」といった話を聞くと、「ああ、大変だよねー」とか生返事しつつ「いやいや、どう考えても仕事のほうが大変だろ。。。」とか思ってしまうのです。

今日はそのへんのお話。

ちなみに、専業主婦じゃなくて専業主夫でも同様ですが、私の周りに専業主夫がいないので、ここでは専業主婦で話をしますね。

SPONSORED LINK

育児や家事は大変。でも仕事の大変さとは質が違う

育児や家事は大変です。これは私も経験しているのでわかります。

どうにも言うことを聞かない子供。毎日必ず作らないといけない料理。面倒な掃除・洗濯。ちょっと捨てないと溜まるゴミ。

することは多いし、毎日ほぼ必ずやらないといけません。もちろん見返りなんて何もありません。どれだけやっても、それが当たり前のように思われてしまうのに理不尽さを感じる人もいるでしょう。

確かに大変です。

でもね。仕事はもっと大変だと思うのです。

なぜかというと、仕事は責任やプレッシャーが育児や家事とは段違いに大きいからです。

肉体的疲労度は家事・育児のほうが大きい場合もあるかもしれません。でも精神的疲労度はどう考えても仕事のほうが圧倒的に大きいはずです。

この仕事を失敗したら、お客さんにものすごく迷惑をかけてしまう。

そうなったら周りの人になんて言われるか。

怒られるかもしれない。

評価を下げられるかもしれない。

次は仕事がもらえないかもしれない。

多かれ少なかれ、常にそういった不安やプレッシャーと隣り合わせで1日8時間以上を過ごしているわけです。これで精神を消耗しないわけがないです。

それと比べると家事の精神的疲労はどうでしょう。子供がずーっと泣いてしんどい、ってのはあるかもしれません。

でも何回か料理をサボっても、掃除をしなかったとしても、誰かに激しく叱責されたり、周りから冷ややかな目で見られたりすることってほぼないですよね。

まあそういうことをする家族はゼロではないでしょうが、職場のほうが断然多いと思いますよ。そういうことする人は。

毎日休みなくやらないといけないのはわかりますが、それでも「育児家事大変ダー」をやたらアピールしてくる専業主婦を見ると、「ああ、この人専業主婦する前は大した仕事してなかったんだろうなー。いいなー気楽でー」なんてちょっとゲスい気持ちで見てしまいます。

ましてや、元気な親世代と同居しているような専業主婦がそんなこと言ってても全然響かないです。介護とかしてるんなら別ですけどね。

「専業主婦は楽してる」とまでは言いませんが、「仕事するよりは楽だろ」とは言いたいですね。

兼業主婦はマジで尊敬します

で、私はこういった考えなので、仕事もやって、育児・家事もやってる兼業主婦(兼業主夫)は本当にすごいと思いますし、尊敬します。

私も仕事をしつつも家事だってできるだけやるように自分なりに気をつけてるつもりですが、やはり仕事優先になってしまい、家庭をないがしろにしてしまいがちなのが現状です。

だからこそ、兼業主婦の人「しんどいー大変ー」と弱音を吐いても心底共感できます。

よく両立できるよね。すごいわ。

まとめ

というわけで、私が専業主婦の家事・育児大変アピールが苦手な話に書いてみました。

専業主婦、兼業主婦、それぞれの立場の人から意見を聞いてみたいですね。

<関連記事>

男女平等なんて無理でしょ。だって男と女は確実に違うんだから

車や電車の中で化粧する女性が苦手な件

撮り鉄ウザい!と思ってる女性の皆さん。あなたもディズニー行ったら同類になってないですか?

SPONSORED LINK

: 2017/04/08: 生活

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、34 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2017年3月時点で月間38万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!