WordPressでブログを下書きするときは最初に非公開にすると間違って公開しなくてすむよ

8 0 0

WordPress

WordPress ワードプレス

当ブログはWordPress(ワードプレス)を利用しています。

最近は細切れ時間を利用しながら、1つの記事を何回かに分けて編集することが多いです。

そうなると、記事を途中で保存する必要があります。

そんなとき、普通のやり方だと「下書きとして保存」だと思うのですが、私は下書きは利用していません。

じゃあどうするのかというと、公開状態を「非公開」にするやり方を取っています。

SPONSORED LINK

「下書き」だと誤って公開してしまうリスクが高い

新しく記事を執筆するときにまず最初にすることが、公開状態を「非公開」にすることです。

なぜ下書きではなく非公開を利用するのかというと、そのほうが誤って記事を公開してしまうリスクが少ないからです。

まず、下書きで保存した場合の状態を見てみます。

▼下書きだとこんな感じ。

wordpress 下書き

「下書きとして保存」と「予約投稿」の2つのボタンがありますね。

※「予約投稿」は、公開予定日時に未来日時を指定している場合に表示されます。指定していない場合は「公開」という表示になっています。

この2つのうち、予約投稿(公開)のほうが目立つため、ついついこちらのボタンを押してしまいがちになります。

押してしまうと問答無用で記事が公開されてしまいます(予約投稿ならその時間までは公開されませんが)。

下書きするときに、この「ボタンの使い分け」を意識しないといけないため、誤って公開してしまうリスクが高まります。

「非公開」だと意識しないと公開されない

一方、非公開にした場合を見てみましょう。

▼非公開だとこんな感じ。

wordpress 非公開

「下書きとして保存」ボタンはなくなり、「更新」ボタンだけになりましたね。

更新ボタンは何回押しても、一般の閲覧者に公開されることはありません。予約投稿であってもなくても、です。

公開したい場合は、公開状態の「編集」リンクをクリック→「公開」をクリック→「OK」をクリック→「公開(予約投稿)」をクリック、という手順を踏む必要があります。

これだけの手順であれば、自分が意図して公開しようと思わないとまずやらないでしょう。

したがって、誤って記事を公開してしまうリスクがかなり低減されます。

さらに、公開時に確認ダイアログを出すとより一層安全性が高まります。やり方は下記を参考に。

WordPressで誤って記事を公開しないように投稿前に確認アラートを出す方法

まとめ

というわけで、Wordpressで下書きする場合は非公開を使ったほうがいいよ!というお話でした。

新しく記事を書く場合は、何はともあれまず「非公開」にしましょう。

タイトルやパーマリンクを考えるのはその次です。

<関連記事>

WordPressで誤って記事を公開しないように投稿前に確認アラートを出す方法

これからWordPressでブログを始める初心者に知っておいてほしい7つのこと

WordPressで特定の記事またはカテゴリーのみアドセンスを非表示にする方法

SPONSORED LINK

: 2019/02/18: WordPress

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、41 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2017年3月時点で月間38万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!