Googleの2段階認証システムはEvernoteやDropbox、Amazon、WordPressにも使える!設定方法を解説します

29 0 0

ツール

Google 認証システム

Googleが2段階認証用のアプリをAndroidやiOS向けに提供しているのはご存知の方も多いと思います。

実はその認証システム、EvernoteやDropbox、Amazon、WordPressにも使えるということ、皆さん知ってました?私はつい最近知りました。

最近はハッキング被害も増えていますし、EvernoteやDropboxのデータが悪用されたらシャレにならないので、さっそく2段階認証の設定をしてみました。

SPONSORED LINK

Google認証システムとは?

Google認証システムは、「2段階認証プロセス」の「確認コード」を発行するアプリです。

Google 認証システム

Google 認証システム
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

一般的なログイン(=認証)はIDとパスワードで行われますが、2段階認証プロセスを導入すると、この認証システムが発行する「確認コード」の入力が追加されます。つまり、この認証システムの確認コードを見れない第3者はログインできないというわけです。

今回は、Googleアカウントの2段階認証は設定済みという前提で、EvernoteやDropboxにも設定する方法を紹介したいと思います。

Googleアカウントの2段階認証の設定方法は以下記事を参考にしてください。

やってない人は今すぐやるべき!Google2段階認証プロセスの設定方法

ちなみに、今回ご紹介する方法は、上記のGoogle認証システムの代わりにAuthyというアプリでも代替可能です。というか、こちらのほうがおすすめです。私はAuthyを使っています。

2段階認証アプリ「Authy」の使い方。非常に便利でスマホが壊れても安心

Evernoteの2段階認証の設定

 

まずはSMSでの2段階認証設定を完了させる

Google認証システムを使うためには、SMSでの2段階認証設定を完了させておく必要があります。以下の記事を参考に設定を完了させてください。

Evernoteが2段階認証に対応!設定はWebページから

▼SMSでの2段階認証が完了したら、Web版Evernoteの設定の「セキュリティ」から「Google認証システム」をクリック。

201309_0008

▼以下が表示されます。今回はAndroidで行うので、「Androidで実行」をクリック。

201309_0007

▼QRコードが表示されます。ここで、Android端末のGoogle認証システムアプリを起動します。

201309_0005[1]

▼AndroidのGoogle認証システムアプリ起動時の画面。「アカウントを設定」をタップ。

201309_0003[1]

▼「バーコードをスキャン」をタップ。すると、Android端末のカメラが起動し、QRコード読み取り状態になるので、上の手順で表示されたQRコードを読み取りましょう。

201309_0001[9]

▼QRコード読み取りに成功すると、Evernoteの確認コードが生成されます。ここに表示された6桁の数字を控えておきます。

201309_0002[2]

▼控えておいた確認コードを入力します。

201309_0004[1]

これでEvernoteの設定は完了です!

Dropboxの2段階認証の設定

続いてDropboxの設定です。大まかな流れはEvernoteと同様です。

▼Web版のDropboxの設定から「セキュリティ」をクリックし、2段階認証のところをクリック。下記画像は既に設定済みの画面なので微妙に異なると思います。

201309_0005[2]

▼パスワードを聞かれるので、Dropboxのパスワードを入力。

201309_0004[2]

▼右側の「モバイル アプリを使用」を選択し、次へ。

201309_0001[10]

▼QRコードが表示されます。ここでEvernoteのときと同様にGoogle認証システムアプリからQRコードをスキャンし、確認コードを控えておきます。

201309_0003[2]

▼控えておいた確認コードを入力します。

201309_0002[3]

これでDropboxの設定は完了…のはずです。すみません、既に設定済みなので試していませんが、おそらく間違っていないと思います。

Amazon.co.jpの2段階認証の設定

Amazonでも2段階認証が利用できます。

▼Amazonにログイン→「アカウントサービス」→「アカウント設定」→「アカウント設定を変更」をクリック。

Amazon アカウント設定

▼「高度なセキュリティ設定」の「編集」をクリック。

Amazon アカウント設定を変更

▼説明が出てくるのでざっと目を通してから「設定を開始」をクリック。

Amazon 高度なセキュリティ設定

▼1タイムパスワードをどの方法で受け取るかを選択します。今回は認証アプリを使います。

Amazon コードの受取方法を選択

認証アプリは、前述のGoogle認証システムか、Authyを使いましょう。これらのアプリで上記バーコードを読み取り、表示されたコードを入力したら「コードを確認して続行」をクリックします。

どうでもいいけど、全{totalSteps}ページとか、変なコードが見えちゃってますね。。。Amazonでもやらかすことあるんですね。

話が逸れました。続きです。

▼認証アプリが使えない場合のバックアップ手段を選択します。

Amazon バックアップ手段を追加

ここではSMSを選択します。電話番号を入力して「コードを送信」を押すと、SMSでセキュリティコードが送信されてきます。

そのコードを入力して「コードを確認して続行」をクリックします。

▼もう少しです。こんな画面が表示されます。

Amazon 2段階認証

また、よく使う端末は2段階認証のコード入力をスキップすることができます。自宅の自分しか使わないパソコンなどは不要で良いと思います。

「同意して2段階認証を設定にする」をクリックします。

▼「2段階認証が有効になりました。」が表示されれば完了です。

Amazon 2段階認証

これで安心ですね!

WordPressの2段階認証の設定

最後にWordPressの設定…といきたいところですが、実は私はこれはまだ設定していません。参考になる記事があったのでご紹介します。

【画期的!!】1分でWordPressにGoogle認証システムをいれる簡単な方法 | More Access! More Fun!

今度時間があれば私もやってみようと思います。

まとめ

Googleの認証システム、結構いろんなところで使われているんですね。知りませんでした。

2段階認証はセキュリティ面では有効ですが、Android端末を紛失すると利用できなくなるので、各サービスから提供されているバックアップコードは必ずメモして保管しておきましょう。

<関連記事>

2段階認証アプリ「Authy」の使い方。非常に便利でスマホが壊れても安心

やってない人は今すぐやるべき!Google2段階認証プロセスの設定方法

Googleの2段階認証したはいいけどスマホ落として詰まないようにバックアップ用電話番号を設定しておこう!やり方をご紹介します

SPONSORED LINK

: 2013/09/21: ツール

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • まだデータがありません。

まだデータがありません。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2017年3月時点で月間38万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!