【Tasker】スマホをシェイクしたらSMS送信できるようにする方法

2 0 0

ツール

unnamed

今回はTaskerを使って、スマホをシェイクしたらSMS送信できるように設定してみます。

 

想定される利用シーン

Tasker 1.3.3u2
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

私は仕事から帰宅するとき、いつも家族に「これから帰るよ」と電話なりメールなりしています。同じような人、結構多いのではないでしょうか?会社から出たら、携帯を取り出し、メールアプリを立ち上げ、メールアドレスを入力し、本文を書き、送信…めんどくさいですよね?これをTaskerで極力自動化します。

 

設定方針

どういう方針で設定していくか、少しだけ触れておきます。

「会社を出た」という判定(トリガー)は、位置情報ではなく、スマホでのアクションにする

あれ?会社出たってトリガーはGPSの位置情報で自動判定できるんじゃないの?と思われたかもしれません。私もそう思っていたのですが、実は私が観察していた限り、(私のだけかもしれませんが)携帯のGPSは結構アバウトです。時々、実際にいる位置から遠く離れた場所にいることになってたりします。なので、GPSの位置情報をトリガーにすると誤動作する確率が高いため、断念しました。かわりに、スマホをシェイク(振る)ことをトリガーにしました。

連絡手段はSMSで

電話だと通話しないといけないので、SMSにしました。Eメールでもいけると思いますが、SMSのほうが楽そうだったのでこちらに。

 

設定

方針が決まったので、実際に設定しましょう。

Profileを作成します。Profile名はわかりやすい任意のものにしてください。今回は「shakeでsms送信」としました。First Contextは「Event」→「Sensor」→「Shake」にします。設定はお好みで。私は下のようにしました。

201303_0002 (1)

続いてTaskの登録です。今回はTask名は登録しませんでした。

  1. 「Phone」→「Send SMS」で、送信先の携帯電話番号を設定
  2. 送信できたことを体感できるように、バイブ設定します。「Alert」でTimeはお好みで。
  3. さらに画面でも確認できるように、ポップアップも設定します。「Alert」でテキストはお好きな文章を。

201303_0001

これでひと通り設定は完了です。実際に携帯をシェイクしてみて、SMSが送信されたか確認してみてください。ただし、私の携帯では、画面オフのときにシェイクしても感知してくれませんでした。何かやり方があるのかもしれませんがあわからなかったので、とりあえず画面オンにしてから実行しています。

 

まとめ

これで入力や送信の手間なく帰宅連絡できるようになりました。ただし、酔っ払って携帯振り回したりするとSMS送信されちゃうのでご注意を(笑)

SPONSORED LINK

ツール

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2016年7月時点で月間36万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!