【Android】削除できないアプリは「無効化マネージャー」で無効化しよう

スポンサーリンク

無効化マネージャー

スマホやタブレットには、初期状態から既にインストールされていて、しかもアンインストールできないアプリがいくつか存在します。まあそれが便利でよく使うようなアプリだったらいいのですが、大抵は使わないものばかり。root化できればそういうのも消せるのですが、201Fのような(現時点では)root化できない端末だとそうはいきません。

そんなときは、無効化マネージャーを使ってせめてリソースを使わないように無効化しておきましょう。

スポンサーリンク

無効化マネージャーとは?

無効化マネージャー 1.2.3
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

 

無効化マネージャー – Google Play の Android アプリ

無効化マネージャーは、各種アプリをを無効化するツールです。アンインストールできなくても無効化することによって、CPUやメモリ消費を抑えることができます。

スポンサーリンク

使い方

使い方は簡単です。

▼アプリを起動すると、無効化できるアプリ一覧が表示されます。上部のタブで切り替えもできます。
201304_0004[2]

▼201Fを起動時に必ず出てくるお父さんを無効化しましょう。「無効にする」をタップ
201304_0001[4] (1)

▼注意文が表示されます。これはOKにします。
201304_0003[2] (1)

無効化するとマズイものもあるので気をつけましょう。ドロイド君が表示されているものは避けておくのが無難かも。

▼無効化されました。これで再起動時にお父さん見なくてすみます!(笑)
201304_0002[2] (1)

スポンサーリンク

まとめ

絶対に使わないアプリはこれで無効化して、少しでも動作を軽くしておきましょう。

<2013/10/08追記>

本アプリ、どうやらGoogle Playでの公開を停止したようです。詳細は以下をどうぞ。

【Android】無効化マネージャーはGoogle Playでの公開を停止。でも作者さんのページからダウンロードできますよ! | ラブグアバ

[amazonjs asin=”4774166790″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ゼロからはじめる スマートフォン最新アプリ Android対応 2015年版”]