Movesの行動ログをGoogleカレンダーやEvernoteに自動で保存できるMoves Exportは神サービスだった

37 31 36

Web・インターネット

201501_0227 (1)

Movesというアプリをご存知でしょうか?

iPhone、Androidのスマホアプリとしてリリースされており、一度起動させるだけで「勝手に」あなたがいつ、どこにいたのかを記録してくれるというものです。

【Android】完全自動行動記録アプリ「Moves」が待望のリリース!さっそく使ってみた | ラブグアバ

「何も操作しなくても自動で」というのがポイントが高く、愛用しています。

ただ、上記の記事にも書いたのですが、行動記録を保存できるのがMoves内だけというのがネックでした。ライフログを取るような人であれば、Evernoteなんかに残しておきたいなあと思うのが心情だと思います。

この問題を解決してくれる素敵なWebサービスを見つけたのでご紹介します。「Moves Export」というWebサービスです。いつできたんだろう?

SPONSORED LINK

Moves Exportとは

Moves Export

Moves Exportは、Movesで取得した行動ログを様々な外部サービスに出力するWebサービスです。MovesはAPIが公開されているのでいつかできるんだろうなーと思っていましたが、いつの間にかできてましたね!

現時点でMoves Exportが対応している外部サービスは以下のとおりです。

  • Runkeeper
  • Foursquare
  • Dropbox
  • Strava
  • Evernote
  • OneNote
  • Googleカレンダー

Runkeeperは私もランニングのお供に使っているアプリです(最近は全然ですが…)。

【Android】無料ウォーキングアプリ3つを比較!私のおすすめはRunKeeperだ! | ラブグアバ

Stravaというサービスはよく知らないのですが、Runkeeperとよく似た機能を有したサービスのようですね。

とりあえず私が注目したいのが、EvernoteとGoogleカレンダー。普段ヘビーに使っているこれらのサービスでMovesのログがどのように見えるのか非常に興味がありました。

そしてなんといっても、「自動で」データが保存できちゃうところが素敵すぎますね。これが手動だとそれほど魅力的に感じないのですが、自動となると俄然興味が湧いてきます。

Moves Exportの使い方

というわけで、さっそくMoves Exportを使ってみました。

まず、Moves Exportにアクセスします。

▼「GET STARTED HERE!」をクリック。

201501_0208

▼「Log-in with Google」をクリックし、Googleアカウントで認証します。

201501_0209

▼次に、Movesアカウントを取得します。

Sign In – Moves

▼ログイン後、「Connected Apps」をクリック。

201501_0213 (1)

▼対応サービスが表示されます。「Moves Export」をクリック。

201501_0214 (1)

▼「GET STARTED」をクリック。

2015011706 (1)

▼あと一息です!「Connect your Moves app」をクリック。

2015011707 (1)

▼こんな8桁のコードが表示された画面が出ます。

2015011708 (1)

ここからスマホを操作し、Moves Exportと連携します。

▼Movesアプリを起動し、設定メニューから「Connected apps」をタップ。

2015011709 (1)

▼「ENTER PIN」をタップ。

2015011710 (1)

▼先ほどMovesアカウント画面に表示された8桁のPINコードを入力します。

201501_0220

▼リクエストを許可するか聞かれるので、「Allow」をタップすれば完了です。

201501_0219

これでMovesとMoves Exportが連携できるようになりました。

Moves Exportと外部サービスの連携方法

Moves⇔Moves Exportは連携されたので、次はMoves Export⇔外部サービスを連携させる設定をしましょう。

▼「Moves Export – Your Services」にアクセスします。

2015011711 (1)

ここではGoogleカレンダーと連携してみます。

▼下の方にスクロールすると「Google Calendar Setteings」という項目があるので、そこの「here」をクリック。

2015011712 (1)

▼「承認する」をクリック。

201501_0224

これで連携完了です。

▼さらに自動でGoogleカレンダーに出力する場合は、同じ設定画面の「Auto-post On」にチェックを入れて「Update」をクリックしましょう。

2015011713 (1)

Evernoteも同じような手順で連携設定できます。

連携させてみた結果

連携させるとどのような表示になのか見てみましょう。ちなみに、私が試してみたところ、自動で連携されるものの、毎日連携されるときもあれば、数日間分がドカッと一気にきたり、間隔はいろいろですwまあ自動なので暖かい目で見守りましょうw

Googleカレンダーの場合

▼こんな感じ。

2015011714 (1)

っていってもあまりわからないですよねw

なんか移動手段や自宅などを判別して色分けしてくれるようです。カレンダー名は「Moves Export」という名称になります。

うん、やっぱり時間帯で見れるGoogleカレンダーで見るとかなり見やすいですね。いつまで自宅や職場にいたのかが一目瞭然です。

Evernoteの場合

▼Evernoteはこんな感じ。

201501_0226

こちらは地図が記録されて場所がわかりやすくなっています。地名がリンクになっているものは、Foursquareのページにリンクしています。

自動的に「Moves Export」というタグが付与されているので、必要に応じて分類するとよいでしょう。

まとめ

  • Moves Exportは、Movesに移動ログをGoogleカレンダーやEvernoteなどにエクスポートしてくれるサービス
  • 設定で自動化が可能
  • 本当に何もしなくても移動ログが可視化されるようになった!

行動ログもここまで自動化して採取できるようになりましたね。普段意識せずにログを取っておいて、後で見返すのが意外と楽しかったりします。

ライフログに興味のある人はぜひ試してみてください。

<関連記事>

【Android】完全自動行動記録アプリ「Moves」が待望のリリース!さっそく使ってみた | ラブグアバ

何もしなくてもライフログがたまる快感。iPhoneのライフビューアアプリ「DAYS7」がいい感じ | ラブグアバ

SPONSORED LINK

Web・インターネット

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2016年7月時点で月間36万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!