自動化Webサービス「IFTTT」を使って、Facebookの投稿履歴をEvernoteに保存する方法

11 0 5

Web・インターネット

201303_0001[4]_mini

IFTTTというWebサービスをご存知でしょうか?今回はこれを使って、Facebookに投稿した内容をEvernoteに自動保存する方法をご紹介します。

SPONSORED LINK

IFTTTとは?

IFTTT / Put the internet to work for you.

IFTTTは、「Webサービス上で○○をしたら△△をする」という、きっかけ(Triger)と動作(Do)を設定して自動化できるWebサービスです。IFTTT上では、これらの設定のことを「レシピ」と言います。多くのWebサービスに対応しているので、発想次第でいろんな応用が可能です。

IFTTTでFacebookの投稿履歴をEvernoteに保存する方法

チャンネルを登録する

IFTTTにログイン後、今回利用するFacebookとEvernoteを登録します。登録は右上の「Channels」から行います。対応サービスはものすごく多いです!

201303_0001[11] (1)

 

Facebookをアクティベートしたところ。

201303_0002[1] (1)

 

レシピを作成する

チャンネルが登録できたら、レシピを作成しましょう。右上の「My Recipes」から行います。手順は直感的でそれほど迷うことなくできると思います。私のレシピはこんな感じです。

201303_0003 (2)

これでレシピが完成しました。今後、Facebookに投稿したら自動的にEvernoteの指定のノートに投稿ログが保存されるはずです。ただし、完全にリアルタイムというわけではなく、多少タイムラグがあります(私の感覚的には10~30分以内?)のでご注意を。

Twitterをトリガーにすることはできない(できなくなった)

Twitterでつぶやいたら○○したい、という人は多いと思います。少し前まではIFTTTでもTwitterをトリガーにレシピ作成ができていたのですが、TwitterAPIの改変によってできなくなってしまいました。残念です。

まとめ

IFTTTは使い方が無限に広がるWebサービスです。皆さんもオリジナルレシピをいろいろ考えてみましょう!

SPONSORED LINK

Web・インターネット

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2016年7月時点で月間36万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!