軽量でカッコイイ!コードレスBluetoothイヤホン「BackBeat GO2」開封の儀&レビュー!オススメです!

17 13 3

ガジェット

201203_0599

私は健康維持のためにウォーキング&ランニングをやっています。その際、スマホで音楽を聞きながら走っているのですが、スマホから伸びるイヤホンのコードが腕や肩に干渉して非常に気になっていました。

これまでイヤホンはiPhone5純正のものを使っていたんです。ですが、Androidと相性が悪いのか、曲送り・曲戻りができないし、前述のコード干渉がイヤだったので、いっちょ買い替えるか!と思い立ちました。

それで購入したのが「BackBeat GO2」というコードレス(ワイヤレス)Bluetoothイヤホンです。少しだけですが使ってみたので開封の儀&レビューをしたいと思います。

 

SPONSORED LINK

「BackBeat GO2」開封の儀

今回購入したのはこれです。

公式サイトはココです。→Plantronics | Backbeat Go 2

色は黒・白・赤が選べます。赤はなんか価格高騰していたのでやめました。白と黒はほぼ同じでしたが、iPhone標準イヤホンが白だったので、なんとなく白にしました。

201401_0589

届きました!

201401_0597

箱はなんか前面が開くようになってます。パカパカ開かないのかな?と思ったら、マグネットで開かないようになってました。凝ってます。

201401_0596

箱から出してみました。

右上が本体、右下が説明書、中央下がmicroUSB充電器とイヤーチップ。イヤーチップとは、耳に直接接触する部分に装着するクッション(といってもゴム製ですが)みたいなもので、S・M・Lサイズが同梱されています。

201401_0595

説明書は日本語の他に複数の国向けのがありました。日本語以外見てないけど。

まず、軽く充電することにします。

201401_0598

充電ケーブルは、右側(R)のイヤホン部分をぺろっとめくると出てきます。Lと較べても全然違和感ないデザイン。というか、ほぼ同じです。

201401_0590

こんな感じでmicroUSBケーブルを差し込みます。ちなみに、私は付属のものではなくスマホ充電用のを使いましたが問題なく充電できました。

充電中はイヤホン部分が赤く光ります。青くなったら充電完了です。

続いて、スマホとペアリングします。

201401_0593

説明書に書かれているとおりですが、最初に電源を入れたときにペアリングモードになります。

操作部の□ボタンを長押しすると電源が入ります。赤と青でチカチカ光っていればペアリングモードになっています。

この状態でペアリングする端末(私の場合はスマホNexus5)を操作します。

201401_0598[1]

Bluetoothをオンにし、「デバイスの検索」をタップすると使用可能なデバイスとして「PLT_BBTGO2」が出てくるはずです。これをタップすればペアリング完了です。

使用した感想

ペアリングすれば使える状態になったので、さっそく使ってみました。

軽い!重さを感じない

特筆すべきはなんといってもこれですね。つけていることを感じさせない軽さです。

コードレスなので邪魔にならない

当たり前ですがスマホとイヤホンをつなぐコードがないのが非常に快適ですね。あの腕とコードが干渉するストレスから完全に開放されます。

ちなみに、標準的な使い方だとコードを首の後ろに回すのが推奨されているみたいです。

201203_0599

でも、着ている服によっては襟元でコードと触れ合ってイヤホンが外れそうになることがあります。コートとかパーカーだとなりやすいかもしれません。

そういうときは前にコードを垂らせば大丈夫です。多少前でコードがブラブラしますが、私は全然気になりませんでした。

イヤーチップの大きさに注意

このBackBeat GO2は密着型のイヤホンであるため、耳の穴にかなりフィットさせる必要があります。で、私は最初Mサイズのイヤーチップで装着してみたのですが、どうにも入らなかったのでSサイズに変えました。(※ちなみに私は成人男性のごく標準的な身長です)

201401_0591

こればっかりは実際に試してみないとなんとも言えないところですが…Amazonのレビューでもこのイヤーチップの大きさについてはいくつも意見があるので、参考に確認されてみることをおすすめします。

【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ステレオヘッドセット BackBeat GO2 White BACKBEATGO2-W

カナル型イヤホンの密閉感に驚き!

実は私はこのカナル型イヤホンというのはこれが初めてです。なので最初装着したときは「何これ、すぐはずれちゃうじゃん…」と思ったんですね。

でもそれはこれまでのイヤホンと同じ感覚でやっていたのが原因でした。もっとグイッと耳の奥まで差し込むと完全に耳の穴にフィットして収まりました。

なんという密着感。感覚はまさに「耳栓」です。そして外部の音がほとんど遮断され、音楽がごく少量でもクリアに聞き取れるようになります。

音質にこだわる人はこのカナル型はおすすめかもしれませんね。なんせ外部の雑音がほぼ聞こえなくなるのは大きいです。

ですが、耳栓しているのと同じ状態になるので、例えば自転車に乗りながらこれを使用するのはオススメできません。クルマの音とか踏切の音とか聞こえなくなっちゃいます。(そもそもイヤホンでチャリ運転はダメだったかな?)

バッテリー残量をアナウンス&スマホから確認できる

Bluetooth機器となるとどうしてもバッテリー残量が気になります。このBackBeat GO2はバッテリー残量をアナウンス&スマホから確認することができます。

イヤホンの電源オンしたときに「Battery level high(or low)」と英語でアナウンスされます。

また、スマホからは以下のアプリをインストールし、ウィジェットを設置することでバッテリー残量が確認できます。

Headset Battery Meter
Plantronics Inc.
価格:無料  平均評価:3.3(596 件)

 

▼こんな感じで、ウィジェットとしてバッテリー残量が表示できます。

201401_0600

これで突然のバッテリー切れの不安も解消されますね!

まとめ

というわけで、BackBeat GO2のレビューをお届けしました。総合評価としては「大満足!コードレスBluetoothイヤホンとしてはオススメ」です!

<関連記事>

【Tasker】Bluetoothイヤホンをスマホ画面にタッチせずに使うために作成した2つのPROFILESを晒す | love guava!

Creative T12 WirelessとスマホをBluetoothで繋いで快適な音楽再生環境を作る | love guava!

SPONSORED LINK

ガジェット

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2016年7月時点で月間36万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!