【WordPress】BackWPupを使って万が一に備えてWordPressをバックアップしておく

8 0 1

WordPress

201305_0001[1] (1)
本ブログはWordPressを使っています。まだまだ投稿数も多いとは言えないですが、それでも怖いのが不測の事態によるデータの消失。レンタルサーバ業者にて厳重に管理しているとはいっても、その業者側でデータ消失される可能性もゼロとは言えません。そこで、個人でもできる「WordPressのバックアップ」をやっておきましょう。

SPONSORED LINK

絶対ないとは言えないレンタルサーバ業者の不備

過去にこんなことがありました。
[browser-shot width=”200″ url=”http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2600L_W2A620C1000000/”]ファーストサーバ障害、深刻化する大規模「データ消失」  :日本経済新聞

どんなに自動化・システム化が進んでいるとは言っても、運用しているのはあくまで「人」。ミスがゼロになることはないです。何かあってからでは遅いので、個人でもバックアップしておこうと感じました。

プラグイン「BackWPup」でクラウドやFTPサーバにバックアップ

今回使用したのは、「BackWPup」というプラグインです。

▼以下を参考にさせていただきました。ありがとうございます。
[browser-shot width=”200″ url=”http://netaone.com/wp/backwpup/”]BackWPup – WordPressのブログをまるごとバックアップ出来るプラグインの設定方法 | ネタワン

バックアップ先はいろいろ設定できるのですが、私はDropboxにしました。

どのくらいの容量になる?

Dropboxは無料版だと数GB程度しか使用できないので、あまりに大きなサイズのデータだと無理があります。なので、バックアップデータファイルサイズが気になるところ。

2013年2月頃からブログを開始した私の現時点(2013年5月時点)でのバックアップファイルサイズは、

  • DB…600KB(Tar.Gzipで圧縮。全テーブル。ダンプファイル圧縮なし。)
  • ファイル…36MB(Tar.Gzipで圧縮。wp-content/plugins配下以外をバックアップ。)

といった感じです。ただし、個人差あるのであくまで参考程度に。
ファイルがかなり大きいですね。バックアップの世代数はこれらを考慮して決定しましょう。

まとめ

非常に簡単にバックアップ設定ができるのでオススメです。リストア作業はは少し手間がかかるようですが、それはそのときが来たら考えることにします。

SPONSORED LINK

WordPress

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2016年7月時点で月間36万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!