Googleカレンダーの土日祝日を任意の色に変更できるChrome拡張「G-calize」が便利!

11 8 5

Chrome

201404_0326

スケジュール管理にはGoogleカレンダーを使っています。無料で使えるクラウドカレンダーとして絶対的地位を築き上げましたね。

<参考>ファミリーだからこそ!Googleカレンダーでスケジュール共有することをオススメしたい! | love guava!

私だけでなく家族も愛用しているGoogleカレンダーなんですが、ちょっとした不満がありました。

それは「Web版で見たときに土日祝祭日が直感的にわかりにくい」という点です。なぜわかりにくいかというと、色分けされてないからなんです。

よくある紙のカレンダーだと、土曜は青、日曜・祝日は赤になってるじゃないですか。Web版Googleカレンダーはそうなってないんですよね。

サードパーティ製のスマホアプリだとその点もきちんと色分けされてるアプリが多いだけに、GoogleデフォルトのWeb版の寂しさが目立ちます。

しかし、そんな不満を解消してくれるナイスなChrome拡張「G-calize」を見つけたのでご紹介します。

これを導入すれば、ぱっと見で平日と土日祝祭日の見分けがつくようになりますよ!

SPONSORED LINK

Googleカレンダーの背景色を好きな色に変更できる「G-calize」

今回ご紹介するのは「G-calize」というChrome拡張機能です。以下のページからインストールできます。

Chrome ウェブストア – G-calize

冒頭でも説明しましたが、この拡張機能を使えばGoogleカレンダーの背景色や文字色をあなたの好きな色に変更することができます。

では簡単に説明を。G-calizeをンストール後、Googleカレンダーのページを開きます。

▼すると、URLの横にG-calizeのアイコンが表示されるようになります。

201404_0327

このアイコンをクリックするとG-calizeの設定画面に移動します。

▼「曜日の設定」画面。

201404_0328

曜日ごとに文字色と背景色を変更することができます。これはデフォルトのままで良いでしょう。

▼次に「祝日の設定」画面。

201404_0329

ここで日本の祝日を設定します。

「祝日のカレンダーを選択」→「日本の祝日」を選択→「色を有効」をON→「保存」という順に操作します。

設定が終わったらGoogleカレンダーのページを開いてみましょう。

201404_0330

土曜日は青に、日曜や祝日は文字色と背景色が赤になっていますね。直感的に祝日だと認識できるようになります。

しかし、今年のGWは飛び石だなあ…。

まとめ

  • Web版Googleカレンダーはデフォルトだと背景色が設定されていない
  • Chrome拡張「G-calize」で文字色・背景色の設定が可能
  • 祝日カレンダーを選択することで日本をはじめ世界各国の祝日に対応

仕事やプライベートでWeb版Googleカレンダーをヘビーに使ってる人には結構便利な拡張機能ではないでしょうか。

気になった方はお試しあれー!

<関連記事>

ファミリーだからこそ!Googleカレンダーでスケジュール共有することをオススメしたい! | love guava!

私が使っているおすすめのChrome拡張機能14個を公開! | love guava!

私が使っている11個のChrome拡張機能(2013年4月) | love guava!

 

SPONSORED LINK

Chrome

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、36 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2016年7月時点で月間36万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!