Android6.0でアプリなしで電池残量を数字表示する方法

13 1 4

Android

android アンドロイド

Androidアプリまとめ記事を書いている最中に、ふとこんなことを感じました。

「Android6.0になったけど、電池残量ってまだアプリ使わないと数値表示にならないの?」と。

Android5.0時代は「パーセント・イネイブラー」というアプリを使って数値表示させていました。

Android 5(ロリポップ)でバッテリー残量を数値で表示する方法

これで全く不自由も不都合もなかったのですが、OSのバージョン上がってアプリなしでスマートに数値表示できるようになってんじゃね?

と思って調べてみたら、案の定できましたよ。

といっても、通常の操作ではできない、ちょっとした「隠しコマンド」的な操作をしないといけないんですけどね。

今回はそのやり方をご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

Android6.0でアプリなしで電池残量を数値表示にする方法

まずは通知領域を表示させ、設定アイコンをロングタップ(長押し)します。

▼すると、歯車アイコンの横に小さなスパナマークが表示されます。(すみません、下の画像では既に電池残量が数値で表示されていますが、通常は表示されていないはずです)

201603_0144

▼この状態で設定画面を開くと、一番下に「システムUI調整ツール」が表示されているのでタップします。

201603_0148

▼「一部の方のみお楽しみいただける限定公開ツール」という注意書きが出てきますが、構わずOKします。

201603_0146

▼「内蔵電池の残量の割合を表示する」をオンにします。

201603_0147

これで電池アイコンの中に数値で電池残量が表示されるようになります。

ほかにもクイック設定やステータスバーの表示設定ができる

システムUI調整ツールでは、電池残量表示以外にもクイック設定やステータスバーの表示について設定が可能です。

▼クイック設定に何を表示するかが選べます。

201603_0150

▼また、ステータスバーに表示するアイコンの表示・非表示も切り替えられます。

201603_0149

いらないものは非表示にしておけばすっきりしますね。

まとめ

というわけで、Android6.0で電池残量を数値表示するTips+αのご紹介でした。

やっておくと地味に便利なので、Android6.0ユーザーの人はぜひお試しあれ。

<関連記事>

Android 5(ロリポップ)でバッテリー残量を数値で表示する方法

Android6.0.1の電源ボタンを2回押すとカメラが起動する機能が便利

Androidスマホのバッテリーの持ちが悪いときはBattery Mixアプリを使えば原因がわかるかも

SPONSORED LINK

: 2016/03/10: Android

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、35 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2017年3月時点で月間38万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!