EvernoteからOneNoteへ移行する方法。OneNote Importerを使えばほぼ自動で移行できます

スポンサーリンク
OneNote

最近、Evernoteを卒業しました。

Evernoteを使わずにOneNoteで行くと決めたものの、これまで蓄積してきた大量のEvernoteのノートをどうやって移行するのか。

実はEvernoteからOneNoteへデータが移行できるツールを、Microsoftが公式にリリースしてくれているのです。

実際に使って移行したので、やり方と注意点をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

EvernoteからOneNoteへ移行できるツール「OneNote Importer」の使い方

まず、OneNoteを利用するにはMicrosoftアカウントが必要です。持ってない人は下記からアカウントを作成しましょう。

Microsoft account | Sign In or Create Your Account Today – Microsoft
Sign In with your Microsoft account. One account. One place to manage it all. Welcome to your account dashboard.

アカウントが準備できたらさっそく移行作業に入りましょう。

Microsoftが準備してくれている移行ツールは「OneNote Importer」というものです。

Evernote のコンテンツを OneNote にインポート

上記サイトからOneNote Importerをダウンロードし、起動します。

▼ OneNote Importerを起動したところ。 英語ですが難しくないので大丈夫です。 「I accept~」にチェックを入れ、「Get started」をクリック。

OneNote Importer

▼Evernoteのノートブック一覧が表示されます。どのノートブックを移行するか選択し、「Next」をクリック。

OneNote Importer

▼ここでMicrosoftアカウントへのサインインが求められます。個人アカウントなので左側のWindowsアイコンのほうをクリック。

OneNote Importer

▼ID/パスワード入力してログインすると、Import前の説明が出てきます。確認して「Import」をクリック。

OneNote Importer

EvernoteとOneNoteではドキュメントの管理単位が少し異なります。

Evernote OneNote
ノートブック ノートブック
ノート ページ
タグ セクション

私はEvernoteのタグ機能は未使用だったため、セクションは一切作られませんでした。

▼Importが開始されます。ノートの数によって時間は大きく変わると思います。私はかなり断捨離しましたが、15~20分くらいはかかった気がします。

OneNote Importer

▼下記画面が出れば移行完了です!

OneNote Importer

簡単でしたね。

後はWeb上でOneNoteにアクセスするか、OneNoteデスクトップアプリをインストールして確認しましょう。

Microsoft OneNote | The digital note-taking app for your devices
スポンサーリンク

最初は戸惑うがすぐ慣れる

同じメモアプリとはいえ、EvernoteとOneNoteではUIも結構違うので最初は戸惑います。

一番違和感を感じるのはノートブックを開くときですかね。

Evernoteだとツリー構造でノートブックとノートが一覧で見れるのですが、OneNoteはノートブックを明確に切り替える必要があります。

やや面倒ですが、まあ少し触ってたらすぐ慣れます。

無料のOneNoteでこれだけできるなら十分かな、と感じると思います。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、EvernoteからOneNoteへ移行する「OneNote Importer」の使い方をご紹介しました。

特に苦労することなく移行できました。

OneNoteが気になってるけど移行が面倒そう……って人はこのツールを使って一度試してみると良いでしょう。

Evernote
スポンサーリンク
ラブグアバをフォローする
スポンサーリンク
ラブグアバ