「Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く」のBD/DVDはあの公演中止の映像が含まれた必見ドキュメンタリーだった

1 0 0

Mr.Children

ミスチルが2016年~2017年にかけて行ったホールツアー「虹」と「ヒカリノアトリエ」のドキュメンタリー映像が収録されたBlu-ray(DVDもあります)を購入しました。

本ツアーは私が参戦できなかったため、ライブ映像が見れるだけでも満足でした。

ですが、ドキュメンタリーということもあり、「ヒカリノアトリエ」ができるまでの様子や、ライブの舞台裏も含めた貴重な映像が収録されています。

中でも特に必見なのは、2017年3月に公演中止となった名古屋講演の映像です。

SPONSORED LINK

途中で中止となった名古屋講演

2017年3月16日に「Mr.Children Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ」の名古屋講演が行われました。

しかし、ボーカルの桜井さんの喉の調子が思わしくなく、数曲歌った時点で講演を中止する苦渋の決断。振替講演を約束し、3月16日の名古屋講演と3月18日の三重講演は延期となりました。

ミスチル、名古屋公演中止を謝罪 三重公演は延期に 桜井和寿のど不調で | ORICON NEWS

当時、私もそのニュースを聞いたときにかなりショックを受けたことを覚えています。

開催前の中止ならまだ分かります。ですが、講演がスタートしてから何曲か歌い終わってからの中止というのは前代未聞です。

講演を楽しみにしていた観客、講演を準備していたスタッフ、そしてミスチルメンバー&桜井さんの気持ちって一体どんなものだったんだろう・・・と思わずにいられませんでした。

で、このドキュメンタリーBlu-rayには、その中止された講演の様子が生々しく収録されています。

明らかにいつもと違う声で苦しそうに歌っている桜井さん。

高音部分の声が出ず、ボーカルのない曲。

それを不安そうに見守る観客。

首を降りながら歌うのをやめ、無念そうにスタインドマイクの前に立つ桜井さんとミスチルメンバー。

事情を説明し、講演中止を告げる桜井さん。

会場が重苦しい雰囲気と悲鳴にも似た声で包まれます。

しかし、ここで驚くべきことが起きます。普段寡黙でほとんどしゃべらないギターの田原さん(一部で皇帝と呼ばれている)が、桜井さんを気遣うコメントと、観客に対する謝罪の言葉を口にしたことです。

コアなミスチルファンであればこれがどんなにサプライズなことかは分かっていただけるでしょう。

不安と緊張が入り混じった会場の中で、田原さんが喋り始めると思わず小さな笑いが起きるくらいでした。

でもだからこそ、この田原さんの言葉で、会場にいる多くの人たちが救われた気持ちになったのではないでしょうか。

まとめ

映像を言葉で伝えるのはなかなか難しいですね。とにかく、普段のライブでは絶対見ることができないシーンが見られます。

公演中止後の桜井さんの無念さ、メンバーの心遣い、中止後に再開した初講演をやり終えた後のミスチルメンバーの安堵感などが垣間見えます。

ミスチルファンなら間違いなく必見です。

<関連記事>

ミスチルのツアーDVD/BD「未完」に隠しトラックが!出し方をご紹介します

ミスチルの泣けるバラード10選。今日はこれを聴いてしんみりしたら?

これを聴いたらテンション上がる!ミスチルで盛り上がる曲はこれだ!

SPONSORED LINK

: 2017/12/24: Mr.Children

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。現在、37 人が購読中です!
    ※メールアドレスは管理人には知られません

  • ラブグアバが更新されたらプッシュ通知でお知らせします。

  • おっさん管理人グアバが執筆しています。ミスチル好き。
    私が気になったこと(主にスマホ/Webサービス/生活/ミスチル/たまにトイレ)について書いています。2017年3月時点で月間38万PV。
    詳細はコチラ

    フォローはこちらから!